近刊・新刊案内国際法国際政治国際経済国際社会国際史法・外国法教育地球教養リンク

 外国法
北脇敏一/山岡永知編訳 最新の研究成果を取り入れ、より厳密な訳出を試みた新版。建国時アメリカ合衆国デモクラシーの息吹が伝わってくる。法律英語の練習の用途にもかない、多くの読者の期待に応えうるものになっている。(2002.9)
新版・対訳アメリカ合衆国憲法
1,500円

鈴木康彦 アメリカにおける法文化的背景が立法過程と法解釈に与えた影響を探りながら、判例法の解釈を重視しつつ、判例法に抵触する法律の機能・役割に目を配ったアメリカ合衆国憲法の注釈書。(2000.12)
註釈アメリカ合衆国憲法
3,400円

矢澤f治訳 カリフォルニア州民法典の家族関係の部分の翻訳。人的関係、家族法典、統一親子関係法といった構成をとる。文献目録と事項索引・法令索引は貴重な資料である。家族法の改正の背景と変遷を記述した解説も有益。(1989.8)
カリフォルニア州家族法
―カリフォルニア州民法典抄訳
6,796円

矢澤f治訳 実体法とその実体法を機能させる家庭裁判所などの組織および諸々の手続に関する規定を訳出した。家庭裁判所、離婚、扶養、養子縁組、離婚と別居、児童の保護という構成をとり、解説では家族法における変化の全体的素描を行った。(1992.1)
ハワイ州家族法
―ハワイ州制定法典抄訳
11,650円

東 和敏 イギリスは1989年「児童法」、1991年「児童扶助法」を制定した。家族の自律性が失われたとき、「家族」の機能を補う役割を法が代替することになった。子の福祉を至高の考慮事項とするイギリス児童福祉法の研究所。(1996.12)
イギリス家族法と子の保護
4,660円

 

 法
矢崎光圀/野口寛/佐藤節子編 転換期世界におけるほうの現代的使命を「高度技術社会における法と倫理」、「新たな法思想に向けて」を柱に論じ、今日の「法、文化、科学、技術―異文化間の相互理解」を求める。世界、法と正義、文化の深遠を示唆する一冊。(1989.3)
転換期世界と法
―法哲学・社会哲学国際学会連合会第13回世界会議
3,500円

坂本百大/長尾龍一編 自由から法に至る秩序形成過程を跡づけながら、正義という社会秩序の理念と社会解体への衝動との緊張関係という、社会秩序に内在する基本的ジレンマを追究する。現代法哲学の諸問題の根源を改めて考える一冊。(1990.3)
正義と無秩序
3,200円

山川一陽編著 法の歴史を述べ、日本法の「法の十字路」としての性格を明らかにする。各種の基本法の必須事項を示した上で、実際の裁判がどのように行われるかを解説する。保険関係法を扱った「社会法」、国際私法についても説明が行われる。(1994.5)
法学入門
3,689円

小野田昌彦 近代市民方の思想的背景から説き起こし、20世紀における法の実態を鮮明にしながら、我が国の現行法制度の構造を浮き彫りにする。法現象の理論的淵源を論理的に追究する思考訓練の方法も示され、各種の国家試験にも有益である。(1993.12)
法の条件
―法学新講
3,107円

山川一陽 初めて民法を学ぶ人のための入門書。民法が日常生活においてどのように運用され、どのような機能を発揮しているのか事例を示しながら民法全体を話し言葉で解説する「民法の基本書」。(2001.4)
新民法のはなし
3,200円

稲田俊信 基本的事項を分かりやすく説明し、どのような法的考え方が現代社会にとって有効か、また将来への先導性を有するものであるか、過去はどうであったかを考える。本書は「制度の維持」より「利用者の権利」を中心に叙述されている。(1995.5)
商法総則・商行為法講義
2,200円

山村忠平 監査役制度の制度的展開の基礎事情を説明する。監査役制度を商法の枠組みから論述し、背景の社会的要請をも検討し、併せてその延長線上に展望される監査役制度の発展の方向を示唆する。今日見直される監査役制度の新しい理論書。(1997.3)
監査役制度の生成と発展
2,600円

山内 進編 [法文化(歴史・比較・情報)叢書@] 地域や集団の歴史的過去や文化構造を含む概念としての法文化における対立と交流を総合的に考察する。本書は「自己所有権」に基づく近代所有権思想に21世紀的問い掛けをする(2000.10)
混沌のなかの所有
3,800円

加藤哲実編 [法文化(歴史・比較・情報)叢書A] 市場あるいは好感や取引の背後にある法文化的背景、法文化的意味を探る本書は、地理的・歴史的な角度から、市場経済、市場社会などの概念が持つ深層の意味理解に向けて果敢な挑戦を試みた。(2002.2)
市場の法文化
3,800円

森 征一編 [法文化(歴史・比較・情報)叢書B] 租税を法文化として捉え直し、租税の歴史の深層に入り込むことによって問題の根源を浮上させ、21世紀の租税の姿を描くべく法学としての租税の新しい地平を開拓する。(2005.3)
法文化としての租税
3,200円

森田成満編 [法文化(歴史・比較・情報)叢書C] 生物進化と法、イスラム法での身体と内面、自己・所有・身体、王の身体・法の身体、犯罪人類学と人種、身体刑と生命刑の連続性と非連続性、清代の医療提供の仕組みなどを論じる。(2005.9)
法と身体
3,600円

 教育
大学セミナー・ハウス編 大学と大学観の変貌を分析し、様々な課題に関する議論を通して新しい大学教育像を模索する。大学改革、一般教育、大学間交流、大学の国際化などを、高等教育関係の法規、省令、臨教審報告等を参照しながら論ずる。(1989.7)
大学は変わる
―大学教員懇談会15年の軌跡
2,718円

大学セミナー・ハウス編 「大学教育の改善」をめぐって、大学教育とは何かという本質論、いかに変えるか、その具体的名試案や試行、その結果についての議論を展開する。「改革の前夜」、「改革への苦悩」、「改革の萌芽」という構成をとる。(1995.7)
続・大学は変わる
―大学教員懇談会10年の軌跡
1,942年

宇野美恵子 中原春二「伝統的規範意識から近代的責任主体形成への道程」、野口授太郎「自由教育と知天の構造」、守屋東「矯風会運動から肢体不自由児教育へ」、手塚縫蔵・赤羽王郎・小原福治「自由教育と人格主義」を跡づけ、教育の原点を探る。(1990.4)
教育の復権
―大正自由主義教育と自己超越の契機
3,200円

伊藤順啓 第一部、社会学的「高等教育論」では、高等教育の現代的機能や短期大学教育の理念と役割を論述し、第二部、短期大学生の意識と行動では、短期大学生の職業意識、結婚観、家庭像などが描かれる。(1991.2)
短期大学の社会学
3,398円

伊藤順啓 一般教育課程の解体化という時代のうねりの中で、本書は短期大学が持つ教育特性を核にしつつ、地域福祉論、地方自治論などを通して「一般教育課程の理念と目標」および「短期大学教育の存在意義」を今改めて世に問う。(2000.5)
短期大学教育再考
2,000円


 地球
原田憲一 人類の未来は地球を離れては存在し得ないことを分かりやすく説得力ある方法で伝える。近代の地球科学の成果をコンパクトにまとめた本書は、地球科学の専門家から国民に向けての地球環境についての熱いメッセージの書である。(1990.9)
地球について
―環境危機・資源涸渇と人類の未来
3,500円

矢島道子 「地球からの手紙」を、身近な場所に拾いに行こうと誘うユニークな本。だから手紙の返事は、自分の手、目で掘り起こし、観察した記録であり、それは発見となり、たくまずして自然観察の大切さ、地球のかけがえのなさを自覚させてくれる(1992.7)
地球からの手紙
1,165円

阿部勝巳 漱石の随筆や桂枝雀の落語、街で見かけた看板の間違いなど身のまわりにあるトピックをとりあげて、著者の思考・思索・信条に裏づけられた自己表現を基調としながら、古生物学の高度な知識を分かりやすく語る優れたエッセイ。(1992.12)
ワイングラスかたむけ顕微鏡
―古生物学者のひとりごと

ピーター・ウェストブルック 地球の歴史とその発展に深い影響を与え、地球を大きく動かしてきた生命。その真理を解明する上で今日、地球科学と生物科学の有機的結合の必要性を提唱。バクテリアなどの小さきものの力の悠久性が読む者の目をみはる。(1997.4)
地球を動かしてきた生命
2,500円


 教養
町田甲一 中国文明圏、インド文明圏、西アジア文明圏相互の美術の様式の史的影響関係に注目する。仏教文化を基盤とした美術を中心に、インド以東の美術の史的変容を追跡する。口絵26枚、挿図468枚、美術史年表18頁収録。(1989.7)
概説東洋美術史
3,686円

山川一陽 サンフランシスコ滞在中に知った民法学者による現代アメリカ見聞録。アメリカ犯罪事情、アメリカ社会は鍵社会、「ライオンを劇場に連れてきてはならない」、利用料の高い救急車、アメリカ離婚事情、現代版「刀狩り」などを紹介。(1992.12)
こんなアメリカ知っていますか
―法律家が見たアメリカ社会
1,748円

石川利夫 昭和初期の空港線を中心に京浜急行沿線の情景が語られる。かつてあった風景、風俗が消えてゆくのを歴史の必然として顧みないということは、その変貌の過程を生きた者にとって怠慢と自戒する著者が、昭和の風景を再現する。(1993.2)
昭和の風景
―蒲田・羽田界隈と京浜電車
1,165円

フランク・ベア(魚住優子訳) 第2次大戦末期、ベルリンを中心とする地域の子どもたちも遠く外国にまでの学童疎開を余儀なくされた。その多くが終戦間際の混乱の中、引率者ともはぐれ、自分達だけの力で故郷を目指さなければならない状況に追い込まれた。(1995.6)
マクセの唄
―ドイツ学童疎開の残照
2,718円

勝野正恒・二村克彦編 国際公務員を目指す人に向けた、国連本部事務局をはじめとする国際機関の正規職員・経験者からの率直なメッセージ。共通一般試験例題、行政職、人権職をはじめとした論文試験例題も収録。(2005.11)
国際公務員をめざす若者へ
―先輩からのメッセージ
2,600円

山上民也 戦後日本の「敗因の自覚」から「再建の理念」を、国民ひとりひとりの人間的自覚の覚醒を呼びかけつつ、政治・経済・文化を軸に体系的に分析し、徹底したまなじりをもって「文化的世界」を展望し、武装なき平和国家を提起する。(2005.12)
再建の理念
2,400円


 国際経済
伊藤治夫 中東産油国特有の経済開発戦略、そしてその中での資源を基礎とした工業化とその成果、更には中東産油国における経済的効率性、技術導入・援助、湾岸地域内での産業調整・協力といった諸問題を実証的に分析し、未来を展望する。(1993.9)
中東産油国の工業開発
―ポスト・オイルへの経済開発戦略
2,718円

伊藤治夫/清水 学/野口勝明共編 今日における中東の変貌を、経済・政治・国際関係などを政策、構造変貌、経済史、石油・天然ガス資源を含めて、全体的かつ網羅的にとらえ、中東の変容と課題、さらには将来への方向を探ろうと試みる。(2003.11)
中東政治経済論
3,600円

国連経済社会開発局
多国籍企業・マネジメント部(江夏健一監訳)
[国連報告書] 途上国における多国籍企業の本国経済へのインパクトについて、とくに本書では、途上国多国籍企業が国際収支、雇用、技術、移転、工業化といった経済発展の側面にどれだけ貢献したかを検証する。(1994.7)
発展途上国の多国籍企業
―本国経済へのインパクト
2,136円

国連・UNCTAD(江夏健一監訳) [世界投資報告書] 多国籍企業による海外直接投資の雇用効果を叙述。人的資源開発・労使関係、国際生産における労働組合の国際的規範の枠組み、政府の政策、人的資源開発における多国籍企業の役割が示される。(1999.5)
多国籍企業と雇用問題
3,200円

鈴木典比古 国際政治・国民国家・多国籍企業の統合理論の形成を目指す。これまでの現実主義・多元主義・グローバリズムという三つのアプローチを一つの大空間に集合させたパラダイムシフトの装置を使い、新たな理論構造モデルを提示する。(1996.10)
多国籍企業と国際関係の統合理論
2,718円

陳 捷 近代中国における上海銭荘(金融機関)と民族商工業の発展史を通して、現代中国の経済社会発展の行方を追究する。社会主義中国の出現によって40年間存在しなかった銭荘、私営企業の経済市場での再登場の意味を探る。(1998.2)
近代中国伝統金融機関史
4,200円

高橋一生 中間財あるいは価値論的側面での理論的基盤の確立を目指す地球公共財論は、新たな世界秩序の形成および有意義な行動への指針を見出せないでいる今日の国際社会にとって、実りある豊かな地平を与えることになる。(2005.6)
地球公共財の政治経済学
4,500円


 国際史
藤本幸二 [21世紀国際史叢書@)] Poena Extraordinariaと呼ばれる刑事法上の概念が、 刑事法の啓蒙主義的改革において果たした役割と意義について、 カルプツォフの刑事法理論を取り上げつつ、 仮説を提示し刑事法近代化前夜に光を当てる。 (2006.3.20)
ドイツ刑事法の啓蒙主義的改革と
Poena Extraordinaria

4,200円


 国際社会
立石博高/中塚次郎共編 本書は、地域・民族、地域主義・ナショナリズム、言語の歴史的形成過程を明らかにしながら、カタルーニャ、バスク、ガリシア、アンダルシアをとりあげ、歴史的現代のスペイン研究に一石を投じる。(2002.6)
スペインにおける国家と地域
―ナショナリズムの相克
3,200円

ジョン・C・マーハ/本名信行編著 アイヌの言語とその人々、大阪の文化の復活、日本における朝鮮語、ニューカマーが直面する問題、日本とオーストラリアの民族の多様性などの検討を通して、国内での多様性の理解が世界レベルの多様性の理解に繋がることを主張する。(1994.2)
新しい日本観・世界観に向かって
3,107円

林 武/古谷野征伍編 「日本の経験」を「都市と技術」との関わりで検討する。技術の基本的な視点を自然や社会との関わり、技術の担い手としての人間の問題としてとらえ、明治の国民形成期の都市づくり、職人層の活動に注目し、技術移転の課題を考える。(1995.1)
都市と技術
2,718円

駒井 洋 [国際社会学叢書・アジア編@] 多エスニック社会化を日本より早期に経験した欧米諸社会における多文化主義が今日、批判にさらされ、国家の統合も動揺しはじめた。本書は国民国家の妥当性を問い、新たな多文化主義の構築を考察する。(1994.3)
移民社会日本の構想
3,107円

マリア・ロザリオ・ピケロ・バレスカス(角谷多佳子訳) [国際社会学叢書・アジア編A] 世界資本主義の構造の下でのフィリピン社会の歴史的従属性と決別することを主張し、社会的正義を追求した計画を実践する政府の強い意志力と受益農民の再分配計画への積極的関与を提唱する。(1995.5)
真の農地改革をめざして―フィリピン
3,107円

中村則弘 [国際社会学叢書・アジア編B] 他の国や地域への植民地支配や市場進出、略奪を行わない形で進められてきた自立共生社会中国の社会主義解体過程の歴史的背景を探る。人民公社の崩壊、基層幹部の変質などを調査に基づいて考察する。(1994.6)
中国社会主義解体の人間的基礎
―人民公社の崩壊と営利階級の形成
3,107円

陳 立行 [国際社会学叢書・アジア編C] 社会主義理念によって都市を再構築することが中国の基本方針であった。支配の手段としての都市空間と社会的ネットワークが、人々の社会関係をいかに変容させていったかを考察する。(1994.8)
中国の都市空間と社会的ネットワーク
3,107円

プラサート・ヤムクリンフング(松薗裕子/鈴木規之訳) [国際社会学叢書・アジア編D] タイ社会学のパイオニアが、「開発と発展」の視点で変動するタイの方向性を理論分析する。工業化の光化、仏教の復活、政治の民主化などを論じ、価値意識や社会構造の変容を明らかにする。(3,107円)
発展の岐路に立つタイ
3,107円

鈴木規之 [国際社会学叢書・アジア編E] 世界システムへの包摂による商品化が社会変動を生じさせ、消費主義の広がり、環境破壊などの中で、「参加と自助」による新しい途を歩み始めた人々の活動を分析し、新たな可能性を探る。(1993.10)
第三世界におけるもうひとつの発展理論
―タイ農村の危機と再生の可能性

田巻松雄 [国際社会学叢書・アジア編F] 第三世界における、80年代の民主化を促進した条件と意味を解明することは第三世界の政治・社会変動論にとって大きな課題である。本書ではフィリピンを事例として考察する。(1993.10)
フィリピンの権威主義体制と民主化
3,689円

中野裕二 [国際社会学叢書・ヨーロッパ編@] コルシカをはじめとした地域問題、ユダヤ共同体、移民問題など、「国家」に基づく共存の衝突を描く。共和制国家フランスが、冷戦崩壊後の今日、その理念型が問われている。(1996.12)
フランス国家とマイノリティ
―共生の「共和制モデル」
2,718円

畑山敏夫 [国際社会学叢書・ヨーロッパ編A] 1980年代のフランスでの極右台頭の原因と意味を検証。フランス極右の思想的・運動的な全体像を明らかにして、その現象がフランスの政治的思想的価値原理への挑戦であることを明らかにする。(1997.6)
フランス極右の新展開
―ナショナル・ポピュリズムと新右翼
3,200円

高橋秀寿 [国際社会学叢書・ヨーロッパ編B] ドイツ現代社会の歴史的な位置づけを追究する。「緑の現象」、「極右現象」を市民社会、家族、階級、ネイションの四つの領域から分析し、新種の政党・運動を庄司支えた社会変動の特性を明らかにする。(1997.7)
再帰化する近代―ドイツ現代史試論
―市民社会・家族・階級・ネイション
3,200円

石井由香 [国際社会学叢書・ヨーロッパ編・別巻@] 一定の世界を挙げているマレーシアの新経済政策(プミプトラ政策)の実践課程を、エスニック集団間関係・「人の移動」・国際環境の視点から考察する。(1999.2)
エスニック関係と人の国際移動
―現代マレーシアの華人の選択
2,800円

太田晴雄 [国際社会学叢書・ヨーロッパ編・別巻A] 外国生まれ、外国育ちの「ニューカマー」の子どもたちの自治体における対応策、小中学校における事例研究を通して、教育実態を明らかにしつつ、国際理解教育における諸課題を検討し、多文化教育の可能性を探る。(2000.4)
ニューカマーの子どもと日本の学校
3,200円

株式会社 国際書院 〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-5 本郷ハイツ404                                                                                                                                                                                          пF03-5684-5803 fax:03-5684-2610 E-mail:kokusai@aa.bcom.ne.jp
Copyright(c) KOKUSAI SHOIN CO.,LTD. All Rights Reserved.